<景品表示法に基づく表記>本サイトのコンテンツには商品プロモーションが含まれているページがあります。

転職しちゃう?

転職活動の必須スキル!求人票・求人原稿・求人広告の読み方を大紹介〜♡

求人票マスターになろう!

こんにちは!kawaii転職のうさり(@kawaii_tenshoku)です。

うさり
うさり
あなたは求人票・求人原稿・求人広告の読み方、正しく分かってる?

あなたがニコニコできる仕事先を見つけるためには、求人原稿を正しく読む力が欠かせません!

そこで当記事では、もともと人材企業で求人原稿の制作を担ってきた経験のある筆者が、あなたを求人マスターにするための「求人原稿の読み方」をかわいくレクチャーしていきます!

どんどんレクチャーするうさり

求人の読み方を知ることで、

  • 企業の特徴を深く知ることができる
  • 企業が求めている人を汲み取って面接で有利にアピールできる
  • ブラック企業など、危険な会社を排除できる

といったメリットを得ながら、転職活動を進めていくことができるようになります!

項目別に分けて丁寧に解説していくので、一度で理解しようとせず、ブックマークをして何度も読みにきたり、不安があったときに項目ごとに読み返したりして活用してみてくださいね♡

求人票(求人原稿)を正しく読めると転職活動が有利になる!

有利になる!

求人票(求人原稿)を正しく読めるようになることで、転職活動を有利に進めることができるようになります。

具体的な読み方を知る前に、まずは「正しく読めるようになる理由」を理解していきましょう!

求人票を正しく読めるようになるためには、背景を知ることも大切です♡

求人とは?

求人票(=求人、求人原稿、求人広告)とは、人を採用するために用いられる「会社」や「仕事内容」「待遇や条件」が記載された情報がまとまったモノのこと。

商品やサービスを売るための「広告」に似ていて、「会社や仕事内容の魅力をアピール(広告)して、人を募る」ことが目的です。

▼「求人を作っているのって誰?」と疑問が湧いた方は下記記事もチェック!制作者の意図がわかると、より求人を正しく読む力が備わります♡

次項より、求人票を読む力を身につけることで、どんなメリットがあるのかを紹介していきます。

メリットを理解することで、より求人票への向き合い方が変わるので、あなたの転職活動がより好転する知見を自分自身にアップデートできますよ♡

  1. 企業の特徴を深く知ることができる
  2. 企業が求めている人を汲み取って面接で有利にアピールできる
  3. ブラック企業など、危険な会社を排除できる

順に、見ていきましょう〜!

1.企業の特徴を深く知ることができる

no.1

求人を正しく読めるようになると、求人を読むだけでも「企業の特徴」を深く知ることができるようになります。

転職活動では数多ある企業のなかから、自分で見極めて転職先を探さなければなりません。とくに在職しながら転職活動をする場合は、なかなか転職活動の時間を確保するのも大変です。

そうなると、少しでも効率良く転職活動を進めるためには、求人から多くの情報を読み取る力が重要になっていきます。

なかでも求人を読んだ時点で「理想とする働き方は、叶えられなさそうだ」「実力主義が強い社風みたいだ……自分には合わないかも」など、自身に合わない会社を外せるようになると、転職活動の質がUPしていきます*

企業によって仕事内容、給与、待遇、社風などが異なってくるので、それら企業の特徴を知ることは、満足のいく転職活動をするためにも非常に重要です。

正しく読める力を身につけて、転職活動に活かしていきましょう!

2.企業が求めている人を汲み取って面接で有利にアピールできる

no.2

求人を正しく読めるようになると、企業がどんな人を求めているのか、仮説を立てることができるようになります。

求人を掲載している企業は「ただ採用したい」のではなく、「何かしらの目的をもって採用」を行っています。

そのため、あなたがどれだけ優秀な人材であったとしても、企業の採用目的に合致しない経験・スキルや価値観をもっている場合には、選考を受けても落とされてしまう確率は高いです。

転職活動では、自分の希望だけを叶えたいという意識で臨むと、なかなかうまくいきません。会社に入社する、ということは、言い換えれば同じ志をもつ仲間になるということ。

選考の最中で「自分も、会社も、双方にメリットがある」と、互いに思いあえたとき、初めて「内定」と「内定承諾」というカタチで転職活動が終了します。

だからこそ、わたしたち求職者は、

  • 会社はいま、どんな状況にあるのか
  • どんな課題を解決するために採用しているのか
  • どんな目標を達成するために採用しているのか
  • 課題・目的の遂行のために、どんな経験値とスキルをもった人材が必要なのか
  • どんな価値観や考え方をもった人を採用したいのか

など、会社が求めている人材をよく理解しておく必要があります。

理解することができれば、どれだけ自分が会社の役に立てるのか、価値観が合っているのかをアピールすることで、他者よりも有利に転職活動を進められるようになるはずです。

もちろん、その過程で自分を偽る必要はありません。嘘をついても、入社後に苦しむことになるのは自分自身なので、あくまで「共感できるコト」「力になれるコト」を素直に伝えていきましょう。

くわえて「会社が求めている人材を理解する」といっても、“仮説“で構いません。

求人だけでは、どうしても会社のすべてを理解することはできませんから、完璧に理解しようとするのではなく「こうなんじゃないかな?」と仮説を立てながら、進めていくことが大切です。

求人から会社が求めている人材の仮説を立てて、有利に選考を進めていきましょう!

3.ブラック企業など、危険な会社を排除できる

no.3

求人を正しく読めるようになると、ブラック企業などを事前に排除しやすくなるメリットがあります。

ブラック企業といっても、人によって「ブラック」だと感じる基準は異なるでしょう。

「休日出勤が発生すると、ブラックだな〜って思う」「残業が月50時間を超えるとブラックだな〜と思う」など、あなたが嫌だなと感じる体制が、きっといくつかあると思います。

まずは、自分が避けたい体制を書き出して、求人時点で「避けたい事項」に合致する内容がないかどうか確認を行いましょう。

入社してから「避けたい事項」が見つかってしまった場合、悲しい思いをしてしまう確率はとっても高いです。

事前に自分にとってのブラック企業を弾けるように、求人を正しく読めるようになりましょう!

▼ブラック企業を回避するポイントをQ&A形式で詳しく解説中!下記も合わせてご覧ください♡

求人票(求人原稿)の読み方を大紹介♡

紹介するうさり

求人票(求人原稿)の読み方を項目ごとに、紹介していきます。まずは、全体を流し読みするようにサラッと目を通して、そのあとにじっくり理解するように読んでみてください◎

一度すべてを理解する必要はないですし、暗記をする必要もありません。

実際に転職活動中に求人を見るタイミングで、当内容を改めて確認しながら読んでいくと良いですよ*

<求人の読み方>

  1. 募集背景
  2. 仕事内容
  3. 開発環境
  4. 求めるスキル
  5. 求める人物像
  6. 雇用形態
  7. 出勤形態
  8. 勤務地
  9. 勤務時間
  10. 給与・年収
  11. 待遇・福利厚生
  12. 休日・休暇
  13. 選考プロセス
  14. 会社概要

上記の項目に関して、一つずつチェックしていきましょう〜!

求人の読み方「募集背景」

うさり
うさり
募集背景の読み方をチェック!

募集背景とは、どんな理由で求人を掲載しているのか(人を採用したいのか)を記載している項目です。

募集背景には「業績好調のため人員を増強したい」「サービス利用者が拡大中で人手が足りない」と、会社や事業の成長性を軸にした理由が書かれていたり、「◯◯なことに困っているから、こんな人と一緒に働きたい!」と、企業の課題を軸に理由が書かれていたりします。

募集背景を正しく読むことで、会社が何のために人を採用したいのかを知ることができるので、面接の際に自分がどう企業に貢献できるのかアピールしやすくなるメリットを得ることができるでしょう。

<読むポイント>

会社は「何のために人を採用したいのか」という背景を仮説を立てながら読んでいこう!

▼さらに詳しい解説は下記にまとまっているよ♡もっと知りたいときは、一緒にチェック!

求人の読み方「仕事内容」

うさり
うさり
仕事内容の読み方をチェック!

仕事内容とは、企業が募集する職種が担う具体的な業務内容を示す項目です。

ひとえに「営業職」といっても、企業によってお任せしたい業務や範囲、仕事の進め方も変わってくるため、しっかりチェックするべき重要な項目でしょう。

また仕事内容のなかには、入社後にお任せする予定の業務だけでなく、将来的に担ってもらいたい業務や、そのほか経験や希望によってお任せする業務などについても記載されていることもあります。

読むときには、実際の業務をイメージしてみることが大切。

「やってみたい!」と思えるか、活かせる経験やスキルがありそうか、求められそうなマインドがあるかなど、注意して確認していくことで、入社後のミスマッチ(思っていたのと違った現象)を防ぎやすくなるでしょう。

<読むポイント>

実際に自分が業務をしている姿をイメージしながら読んでいこう!わからない点、不安な点が生まれたら面接の際に聞くようにすること*

▼さらに詳しい解説は下記にまとまっているよ♡もっと知りたいときは、一緒にチェック!

求人の読み方「開発環境」

うさり
うさり
開発環境の読み方をチェック!

開発環境とは、エンジニアなど”開発業務”を担う職種の場合に書かれる、アプリやソフトウェアなどを開発するために必要な作業環境をあらわす項目です。

たとえば、

言語:JavaScript,Python,PHP

フレームワーク:Spring,React.js,Vue.js

データベース:MySQL,Oracle

インフラ:AWS,GCP,Docker

開発手法:アジャイル

みたいなコトが開発環境には書かれています(エンジニア職に興味がない方はスルーしてOK)。

開発環境をみることで、どんな経験やスキルが重視されるのか、どんなスタイルで開発をしているのかを読み取ることができるようになります。

未経験からエンジニアに挑戦したいと思っている方は、開発言語に関して勉強しておくと良いですよ*

プロゲートなどのプログラミング学習サービスの利用がおすすめです。

<読むポイント>

開発環境から、企業が求める経験やスキル・開発スタイルを読み取ろう!

求人の読み方「求めるスキル」

うさり
うさり
求めるスキルの読み方をチェック!

求めるスキルとは、企業が求職者(あなた)に求める「経験値」や「技術」が書かれた項目です。

企業は「目的」をもって採用しているため、どれだけ優秀な人であっても、いま企業が必要としている経験や技術をもった人でなければ、「採用したい」とは思ってくれません。

たとえば「デザイナーの経験がある方」を採用したいときに、「アパレル店員の経験がある方」を採用しようとは思いません。

なぜならデザイン経験者を採用するという目的に合致しないからです。

求めるスキルを読むことで、企業が欲している「人材の理想像」が見えてくるようになるので、提出書類や面接では「求めるスキル」を軸にアピールしていくと高評価を得やすくなるでしょう。

<読むポイント>

企業が欲しているのは「どんな経験がある人なのか」「どんなスキルを持っている人なのか」を頭に入れよう!

▼さらに詳しい解説は下記にまとまっているよ♡もっと知りたいときは、一緒にチェック!

求人の読み方「求める人物像」

うさり
うさり
求める人物像の読み方をチェック!

求める人物像とは、企業が一緒に働きたいと考える理想の人物像について書かれた項目です。

具体的な経験やスキルよりも、考え方や働き方、行動方針や価値観など、内面的な内容が書かれていることがほとんど。

会社は人間同士の集まりですから、交友関係と同じように、考え方や価値観が同じ人同士で集まって仕事をすることで、目的を達成しやすくなったり、組織の雰囲気が良くなったりします。

そのため企業は「◯◯な価値観や考え方を持っている人なら、会社に馴染みそうだ」「所属することになるチームのメンバーを鑑みると、◯◯な雰囲気がある人だと仕事しやすいだろう」と考え、理想とする人物像を言語化して伝えています。

あなた自身が、自分を偽って「理想の人物になりきる」必要はありませんが、合致する用土や近しい要素があったら、積極的にアピールしていくと良いでしょう。

<読むポイント>

求める人物像と自分の「共通点」を見つけながら読んでいこう!

▼さらに詳しい解説は下記にまとまっているよ♡もっと知りたいときは、一緒にチェック!

求人の読み方「雇用形態」

うさり
うさり
雇用形態の読み方をチェック!

雇用形態は、正社員、契約社員、派遣社員、業務委託、アルバイト・パートといった従業員と会社が雇用契約を結ぶ際に取り決める採用種別が明記された項目です。

採用種別によって働き方や待遇、給与などに大きな差が生じてきます。

どんな雇用形態での採用なのかは、欠かさずにチェックしましょう。

<読むポイント>

どんな雇用形態での採用なのか、必ずチェックしておこう!

▼さらに詳しい解説は下記にまとまっているよ♡もっと知りたいときは、一緒にチェック!

求人の読み方「出勤形態」

うさり
うさり
出勤形態の読み方をチェック!

出勤形態とは、働くスタイルを示すものです。

たとえば、

  • 完全出社なのか
  • 完全リモートワークなのか
  • 出社とリモートを組み合わせたハイブリッドワークなのか

など、会社によって働くスタイルが異なるため、入社後に「想定と違った……」と悲しい気持ちにならないように確認をしておきましょう。

また出社とリモートを組み合わせたハイブリッドワークの場合は、出社の頻度およびリモートワークの頻度も確認しておくべきでしょう。

リモートワーク制度が存在しているだけで、実態は9割出社なんて会社もあるため、求人だけでは情報が分からない場合は面接時に質問しておくと安心です。

<読むポイント>

その企業が採用している「働くスタイル」を理解しておこう!

求人の読み方「勤務地」

うさり
うさり
勤務地の読み方をチェック!

勤務地とは、勤務する場所や本社・支店・出向先に関する情報が記された項目です。

働く場所は本社なのか、支社なのか、それとも別会社へ出向するのかなど、細かく確認を行いましょう。

また当項目には、転勤の有無が記載されている場合も多いです。あらかじめチェックしておくと安心ですよ。

<読むポイント>

自分が働くことになる場所がどこなのかを理解しよう!

▼さらに詳しい解説は下記にまとまっているよ♡もっと知りたいときは、一緒にチェック!

求人の読み方「勤務時間」

うさり
うさり
勤務時間の読み方をチェック!

勤務時間は、企業が就業規則で定めている始業から終業までの時間が記された項目です。

たとえば「9:00〜18:00」を勤務時間として定めている場合は、社員は原則休憩を含んで9:00〜18:00まで働くルールを守る必要があります。

会社によっては「10:00〜19:00」だったり、「フレクスタイム制」だったりと体系はさまざま。

1日の働き方に関わる重要な部分なので、必ず確認を行うようにしましょう。

ちなみにフレックスタイム制とは、社員自らで仕事の始業時刻と終業時刻を決められる制度のことです。時間の縛りがなくなることから、私生活と仕事のバランスを取りやすくなるメリットがあります。

ただし、自由に働く時間を決められるといっても「1日の標準労働時間」と「コアタイム」というルールを守る必要はあるので、注意してきましょう。

1日の標準労働時間とは、企業が定める総労働時間数に対して「1日のなかで、これくらいの時間は仕事してください」という目安の時間を示したもの。コアタイムとは、必ず出勤していなければならない時間のことです。

<読むポイント>

勤務時間を把握して、1日の働き方をイメージしよう!

▼さらに詳しい解説は下記にまとまっているよ♡もっと知りたいときは、一緒にチェック!

求人の読み方「給与・年収」

うさり
うさり
給与・年収の読み方をチェック!

給与・年収は、労働の対価として支払われる金額について明記された項目のことです。

給与は正しい読み方をしないと、入社後に「思っていた金額と違う……!」と悲しい思いをしてしまう可能性が高い項目です。

下記の通り、給与や年収の項目で登場する言葉の意味を知っておきましょう。

  1. 基本給:各種手当を除いた基準値となる賃金
  2. 月給:毎月固定で支払われる賃金(基本給+各種手当)
  3. 月収:1カ月のいわゆる額面給与(月によって金額の変動あり)
  4. 年収:1年間の総支給額(社会保険料などの支払いをする前の金額)
  5. 年俸:1年間で支払われる給与(年収と違って1年の支給額が固定)

<読むポイント>

言葉の意味を正しく理解して、給与・年収を把握しよう!

▼さらに詳しい解説は下記にまとまっているよ♡もっと知りたいときは、一緒にチェック!

求人の読み方「待遇・福利厚生」

うさり
うさり
待遇・福利厚生の読み方をチェック!

待遇・福利厚生は、企業が社員に提供する制度やサービスに関して記載された項目です。

具体的な制度やサービス内容は企業によってさまざま。オリジナルの制度を設けている企業も少なくなく、その特性も異なるため一通り目を通しておくと良いでしょう。

なかでも「社会保険が完備されているかどうか」「交通費は全額支給されるか」「ボーナスの支給はあるか」は、必ず確認しておくようにしましょう!

<読むポイント>

最低限、社会保険、交通費、ボーナス(賞与)は見ておこう!

▼さらに詳しい解説は下記にまとまっているよ♡もっと知りたいときは、一緒にチェック!

求人の読み方「休日・休暇」

うさり
うさり
休日・休暇の読み方をチェック!

休日・休暇は、週や月のお休み、年末年始などを含んだ年間のお休みなど、文字通り休日と休暇に関する規定が記載されている項目です。

企業によって、休日の日数や休暇の制度が異なるため、必ず目を通すようにしましょう。お休みは、プライベートにも関わる重要な項目であるため確認必須です。

とくに「完全週休2日制」と「週休2日制」は大きく異なるため、勘違いしないように気をつけましょう。

「完全週休2日制」は、毎週2日休みがある制度のこと。そして週休2日制は、月に1度以上、週2日休みの週がある制度のことです。

つまり週休2日制の場合、週1日休みは確定ながら、週に2日休みがあるとは限らない制度であるため、気をつけておきましょう!

<読むポイント>

企業が規定している休日数、休日とする日、休暇制度を理解しよう!

▼さらに詳しい解説は下記にまとまっているよ♡もっと知りたいときは、一緒にチェック!

求人の読み方「選考プロセス」

うさり
うさり
選考プロセスの読み方をチェック!

選考プロセスは、「応募〜内定」までの流れが記載された項目です。

書類選考の前に、選考とは関係のないカジュアル面談を設けていたり、選考は社長面接の1回だけだったり、または1次面接と2次面接の間にSPI試験があるなど、企業によって流れはさまざま。

どんな流れで進んでいくのか目を通しておくことで、こころの準備ができるため、さらっと確認しておくと良いでしょう。

<読むポイント>

応募〜内定まで流れを知ろう!

▼さらに詳しい解説は下記にまとまっているよ♡もっと知りたいときは、一緒にチェック!

求人の読み方「会社概要」

うさり
うさり
会社概要の読み方をチェック!

会社概要とは、会社に関する情報が記載されている項目です。

たとえば会社名、代表者の名前、設立年月日、所在地、電話番号、資本金、売上高、社員数、事業内容など、会社の基礎的なことが一目でわかる項目になっているのが特徴でしょう。

応募する際には会社概要はもちろん、会社のホームページも確認して、情報を得るようにしてくださいね。

<読むポイント>

どんな会社なのかを理解しよう!

▼さらに詳しい解説は下記にまとまっているよ♡もっと知りたいときは、一緒にチェック!

求人をチェックするなら♡おすすめ転職エージェント3選!

きらきらしているうさり

求人をチェックするなら、転職エージェントが保持している求人をチェックするのがおすすめです。

なかでも、転職支援実績も多い以下3つの転職エージェントはキャリアアドバイザーさんも親身な人が多く20代の転職に強いノウハウも持ち合わせているので的確なアドバイスをしてもらいやすくおすすめです*

それに面接を強要するのではなく、どうしたら「あなた」にとって良いキャリアが描けるのかを一緒になって考えてくれるので、信頼できる&自分にとって最適な転職活動を進めることができるはずですよ♡

もちろん聞けば求人の読み方も教えてくれるので、転職初心者さんにもおすすめできますよ。転職に詳しいプロの力を借りれば、転職活動も百人力!

勇気を出して、相談してみてくださいね。

うさり
うさり
登録&キャリア面談予約して相談してみてね!今日の勇気が未来のあなたの幸せにつながっているはずだよ♡
緑色のうさぎ

おすすめ転職サービス

【20代前半・第二新卒さんにおすすめ】

❤︎ 未経験向け求人豊富な20代限定サービス
  第二新卒エージェントneo

専属のキャリアアドバイザーが1人あたり8時間以上かける徹底的なサポートが魅力の20代限定転職エージェント。これから正社員を目指したい方にもおすすめ。

  • 20代限定!完全無料の転職エージェントサービス
  • 第二新卒・既卒・高卒・中卒・フリーター特化
  • 学歴・職歴を問わない未経験向け求人が豊富
  • 累計の就職・転職支援実績は2万人以上!

運営企業:株式会社ネオキャリア(2000年設立)

本社:東京都新宿区西新宿1-22-2 新宿サンエービル2階

▼完全無料!転職活動の1歩を踏み出す▼

第二新卒エージェントneo

【20代全般におすすめ】

❤︎20代・第二新卒・既卒のための20代限定サービス
  Re就活エージェント

20代から未経験の業界・職種へキャリアチェンジしたい、第二新卒・既卒・ニート・フリーターから新しい生活を送りたい方に特化した20代専門のサービス。

  • 完全無料の転職エージェントサービス
  • 転職エージェント20代登録比率No.1(※)
  • 累計利用者数180万突破!年間5,000名以上の20代をサポート
  • 20代未経験歓迎の求人数が8割以上

(※)東京商工リサーチ調べ

運営企業:株式会社学情(1977年設立)

本社:東京都千代田区有楽町1-1-3 東京宝塚ビル7階

▼完全無料!転職活動の1歩を踏み出す▼

Re就活エージェント

【20代全般におすすめ】

❤︎ ブラック企業を徹底排除した20代限定サービス
  UZUZ

内定が獲得できるまで無料&無期限でサポートを行う転職サービス。親身かつ親近感のあるサポートが得意で一人ひとりに寄り添うオーダーメイド型の支援が特徴。

  • 完全無料の転職エージェントサービス
  • 就業支援実績が累計3.5万人以上
  • 書類通過率87%超え・内定率86%以上
  • 選考企業ごとに面接対策をしっかり実施

運営企業:株式会社UZUZ(2012年設立)

本社:東京都新宿区西新宿3丁目11-20オフィススクエアビル新宿3階

▼完全無料!転職活動の1歩を踏み出す▼

UZUZ

転職エージェントの求人がおすすめの理由

転職エージェントに企業が求人を掲載するためには、審査を通過する必要があります。

そのため悪質な企業はそもそも「審査」を通過できないので、転職エージェントを利用することができません。

だからこそ、一定ラインの悪質な企業の求人が省かれた状態で転職活動をすることができるため、ブラック企業に入社してしまう可能性を少しだけ下げることができます◎

そのため、ネットで誰でも見られる転職サイトやSNSに掲載されている求人よりも、厳格な審査のうえで利用にいたっている転職エージェントの求人のほうが信頼性が高くおすすめなのです。

求人情報を活用しながら転職活動をしよう!

求人を活用するうさり

求人を正しく読み、情報を取得することで、他者よりも有利に転職活動を進められるようになります。

意外にも求人には、たくさんの情報が散りばめられているので、読むことを面倒くさがらずに、しっかり読み込んでおきましょう!

▼あなたを大応援!転職へ成功に導くたった1つのポイント紹介中♡転職で人生は変えられる!

▼転職がうまくいく人の特徴も知っておこう♡一緒に学びながら転職活動を進めていきましょう!

ABOUT ME
うさり
カワイク働く専門家のうさりです!大手人材企業で培ってきた採用・転職ジャンルの経験を活かして、みんなが仕事を楽しめる人生を選択できるよう情報を定期的に発信しています。Youtube・TikTok・X(Twitter)・Instagramでは、有益な転職ノウハウが得られちゃう転職ゆるアニメも配信中◎『kawaii転職』の記事を読んでくれて本当にありがとう!あなたに豊かな転機と幸せが訪れますように♡

こんにちは!kawaii転職のうさり(@kawaii_tenshoku)です。

ニコニコな仕事人生へ♡
おすすめ転職サービスNo.1
未経験向けの求人が豊富な20代限定サービス!専属のキャリアアドバイザーが1人あたり8時間以上かける徹底的なサポートが魅力的。これから正社員を目指したい方にもおすすめできる♡
 
おすすめ度
ポイント 20代限定!完全無料の転職エージェントサービス
ポイント 第二新卒・既卒・高卒・中卒・フリーター特化
ポイント 累計の就職・転職支援実績は2万人以上!

第二新卒エージェントneo

おすすめ転職サービスNo.2
未経験の職種・業界への転職に強い20代専門のサービス!転職エージェント20代登録比率No.1(東京商工リサーチ調べ)の実績を誇る充実な支援が魅力。20代未経験歓迎の求人も豊富♡
 
 
おすすめ度
ポイント 転職エージェント20代登録比率No.1(東京商工リサーチ調べ)
ポイント 累計利用者数180万突破!年間5,000名以上の20代をサポート
ポイント 満足度95%の転職セミナーを毎週開催中

Re就活エージェント

おすすめ転職サービスNo.3
UZUZおすすめ
ブラック企業を徹底排除した20代若手専門サービス!支援実績は累計3.5万人以上を突破。一人ひとりに寄り添うオーダーメイド型の支援が大きな特徴♡
 
おすすめ度
ポイント 就業支援実績は累計3.5万人以上!
ポイント 書類通過率87%以上&内定率86%以上の実績あり
ポイント 選考企業ごとに面接対策を行う寄り添い型支援

UZUZ

うさり
うさり
YoutubeとTikTokもやってるよ♡チャンネル登録&フォローしてね!

転職ノウハウを学べる「転職ゆるアニメ」配信中!遊ぶみたいに学んでいこう♡

YoutubeTikTok

うさり
うさり
SNSもやってるよ!フォロー大歓迎★

有益情報をカワイク配信中!豊かな仕事人生になるよう一緒に進んでいきましょう♡

X(Twitter)Instagram